« PTAの役員決めで、苦悩?気味 | トップページ | 世田谷区のサービス付き高齢者向け住宅を見学 »

畠中雅子さんと行く高齢者施設見学ツアー

昨日のことになるが、タイトル通り、高齢者施設の見学ツアーに行ってきた。

見学先は、熱海にある『中銀ライフケア水口』と『中銀ライフケア第3伊豆山』の2つ。

ライフケア水口

ライフケア第3伊豆山

ライフケア水口は、すでに2回ほど見学しているので、見学はお休みして、中銀の営業部長さんと、6月に行われるセミナーの打ち合わせをしていたが、第3伊豆山は初めてだったので、私も館内見学に参加。

ちなみに、今回のツアーを主催したのは、『保険クリニック』を展開しているアイリックコーポレーションさんである。
参加者の費用負担はゼロ。

1人で2席分を使えるバスの費用や、現地での食事代(ライフケア内入居者と同じメニュー)なども全部負担してくれての見学ツアー。
アイリックさんにとっては、見学者がそのまま保険の相談につながるとは限らないのに、「自分たちも、高齢者施設のことをきちんと勉強したいから」という理由で、ツアーを実施した。

アイリックさんとは、さまざまなお仕事をさせていただいているが、私が関わっている部分は(直接保険の販売にはつながらないかもしれないのに)、社員やスタッフの家計診断の能力アップ、あるいは情報収集力のアップなどを目的としたもの。

「お客様のために」という企業理念が感じられるので、いろいろな試みにチャレンジさせていただいている。

話は見学ツアーに戻るが・・・・・

見学希望者をリビング新聞で募り、東京駅で集合して、見学先である熱海に向かった。
昨日は天気が良かったので、海岸線を入っているときなど、観光気分いっぱい♪

中銀ライフケアについては、何度かブログでご紹介したことがあるが、原則として自立した高齢者が共同で生活するマンションである。
ダンスホールや麻雀室、お茶室、大浴場など、共用施設が充実している点が魅力だ。

食事の提供はもちろんあるが、施設内で食事を取る以外にも、自分で作ったり、外に食べに行ったりするのは自由。
とはいえ、2施設とも、駅からは少し離れているので、多くの入居者がライフケア内で食事を取っているようである。

2つのライフケアは、熱海にあるライフケアの中では築年数が浅めなので(といっても20年は経過しているが)、館内はかなりきれいというか、見せていただいた部屋も新築同様にリフォーム済みだったので、参加者の方も、「きれいねえ」とか、「広すぎるかも」などと口々に言っていた。

中には、「親のために購入しようかしら」と言っている人も。

親のために購入する場合、お子さんが若い場合には(入居可能年齢が原則として55歳からなので)共有名義にしたり、持ち分についても相続のことを考えて分ける必要があるはずだが、「帰ったら、親と話してみます」という反応。

今回の見学ツアーの参加者は、高齢者施設の見学が初めての人がほとんどだったので、見学前には「暗い、狭い」といった印象を持っていた人もいたようだが、予想をいい意味で覆した方が多かったよう。
帰る頃には「また別の施設も見学してみたい」という感想もいただいた。

中銀さんからは、契約農園で栽培している「なかぎんのお茶」のお土産もプレゼント♪
交通費も食事代もタダで、お茶ももらえて、保険の相談などの義務もないことから、参加者の方にとっては、まあまあの見学ツアーだったのではないだろうか。

そんな中銀さんとは、6月5日の合同セミナーで、また講演の機会をいただいた。
前回、パンパシフィック横浜ベイホテル東急での、デザートパーティで、ケーキの奪い合い?が起こった第8回の合同セミナーに引き続いて、第9回も講演の機会をいただいた。

第8回中銀ライフケア合同セミナー

詳細が決まったら、ブログでもお知らせしようと思うが、「高齢者施設って、どんなところだろう?」と思っている方は、よろしかったらセミナー、あるいは現地での見学に参加されてはいかがでしょうか。

|

« PTAの役員決めで、苦悩?気味 | トップページ | 世田谷区のサービス付き高齢者向け住宅を見学 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PTAの役員決めで、苦悩?気味 | トップページ | 世田谷区のサービス付き高齢者向け住宅を見学 »