« シチューはビーフorホワイト? | トップページ | 今さらながら、自分の家計を見直してみる »

老後資金のゴールはいくら!?

ファイナンシャルプランナーという仕事をしていると、いろいろなご家庭の資産状況をうかがうことになる。

守秘義務があるので、個別の事情のご紹介はできないが、今年は何度も、「なんだかなあ」と思う機会があった。

なんだかなあ、の意味は、「老後資金って、ゴールがないんだなあ」ということだ。

今年は何度も、1億円を超える金融資産を築いた50代のご夫婦から、老後の生活に関するご相談を受けた。

中には、金融資産が2億円に届きそうなケースもあった。

1億円を超える金融資産を持っている方々(=億万長者?)から聞かれるのは、「あと、どのくらい貯めたら、老後を安心して暮らせますか?」という質問。

そのようなことを聞かれたとき、毎回同じアドバイスをしているが・・・

「○○さんのおウチは生活コストが低いので、今の生活を続けていると、この先も自動的に貯まっていきますね。このまま貯め続けると、相続税が確実にかかるでしょうし、今まで頑張って貯めてきたお金の一部を、税金として納めるのはどうなんでしょう!? ここまで頑張ってきたのだから、少しは自分にご褒美をあげてもいいのではないでしょうか。貯めるペースを落としても、人生を楽しむためにお金を使ってはいかがでしょうか」・・・と。

すると、みなさん、意外な顔をされる。

「えっ?ウチは貯めすぎなんですか?」と驚かれるのだ。

「いえ、貯蓄に『過ぎる』という状態はないのかもしれませんが、いったんゴールテープを切って、ギアチェンジしてもいいのではないかと思うんです」と言って、頑張ってきた努力をねぎらいつつも、貯めたお金の有意義な使い方をアドバイスするようにしている。

もちろんお金はあればあるほど、良いのかもしれない。

だが、貯めるだけで、楽しみのためにお金を使えないのも、どうなのかと思うのだ。

おカネというのは不思議なもので、ある程度貯めると、貯まり方に加速度がつくようである。
そして、順調に増えていると、減らすことを考えられなくなるようでもある。

やりくりもまともにできないファイナンシャルプランナー(=私)にとやかく言われたくないかもしれないが、いつまで健康で、好きなことができるかは、50歳を過ぎるとわからないと思っている。

自分の体調を気にせずに好きなところに行けるときに、思い切っていろいろなところに行っておくべきだし、見たいものは我慢せずに(お金があるのだから)見ておいたほうが良いと思う。

そのようなことを踏まえて、それぞれの方の志向に合わせて楽しそうなお金の使い方を考えていると、

「『今まで、お金を増やしましょう』としか言われた経験がなかったので、『楽しくお金を使いましょう』と言われると、目からうろこが落ちたような気がします」と言っていただく機会もある。

使うことをお勧めするなんて、ファイナンシャルプランナーとしてはどうなのか!?と突っ込まれてしまうかもしれないが、次にお会いする機会があれば、「こんなことをしたのよ!」とか「○○に行ってきたんです!」などという、楽しい体験報告を聞きたい。

老後のための貯蓄は、自分でゴールを決めてあげないと、ゴールのないマラソンを走ることになりかねない。

老後を暮すのに十分な金融資産を築いた方は、今まで頑張ってきた自分を褒めてあげて欲しいし、楽しい体験を増やしてもらいたい、と個人的には思っている。

|

« シチューはビーフorホワイト? | トップページ | 今さらながら、自分の家計を見直してみる »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

私は今日美容院に行って来ました。
美容師さんのお父さんは、私の上司で、前から私の夫とタイプが似てるなと思っていたのですが。
シャンプーしながら、「うちのダンナは貯蓄苦手で、『使う経済学』って言うのよ」「あ~オレの親父も『歩く経済効果』って言ってますね」
楽しくお金を遣うキャラクターっているのね。
私は夫が亡くなっても「思い残すことはないと思います」と言うつもりです。(でも家族葬にしたいので、定年まで生きててね)

投稿: R | 2014年5月25日 (日) 17時34分

R様
いつもコメントをありがとうございます。
〉「うちのダンナは貯蓄苦手で、
『使う経済学』って言うのよ」
〉「あ~オレの親父も『歩く経済効果』って
〉言ってますね」
あはは。歩く経済効果!いいですねえ。
私も今より稼いでいた時は、「使わないと、入ってこない」などという、何ともばからしいことを思っていました。
無駄遣いしたことを後悔しても仕方ないけれど、あの頃の自分のおごった態度は、反省しています。
でも、Rさんのご主人は、楽しくお金を使ったまま、定年を迎えられるのではないでしょうか。
私も最近は、カードや保険を整理したり、家計費の削減に着手するなど、人並み?の努力をしているんですよ!って、今さら遅すぎますかね。

投稿: 畠中 雅子 | 2014年5月28日 (水) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シチューはビーフorホワイト? | トップページ | 今さらながら、自分の家計を見直してみる »