« サンキュ!家計簿、発売中です。 | トップページ | 岡山県総社市にて「ライフプランニングシンポジウム」に参加します! »

「働けないお子さんを持つご家庭向けセミナー」のご報告&お知らせ

先週土曜日のことになるが、難病のお子さんをお持ちの親御さん向けセミナーの講師を務めさせていただいた。

その際、関係者の方に言われて、ハッとしたのは、18歳だったか、20歳までは国の支援もそれなりにあるけれど、一定年齢を超えると、支援が限られてくる(自己負担する金額が発生する)ケースもあるということ。

たとえば、「小児がん」での闘病であれば、治療費はほとんどかからないはずだが、大人になってからの再発になると、医療費が発生する可能性がある。

これは、書き方によっては誤解を生じてしまう可能性もあるが、「昔と違って、医療技術が進歩していて、医療技術の進歩によって難病で苦しんだ子どもたちが長生きできるようになったのはありがたいことなのだが、いっぽうで、助成制度などが現実に追いついていない面が出てきている。難病を患ったとしても、長生きできるケースも増えてきたからこそ、新たな課題が生じてきている」というような内容の話を関係者からうかがった。

う~ん、長生きできるようになったのはうれしい話だけれど、病気を克服したのに、安心して暮らせない現実が待っているとしたら・・・・・。
それぞれの状態に応じた助成の制度設計が望まれるわけだが、追いつかない現実があるようなのだ。

また、

子どもから大人になる過程で、治療が継続中の場合などは、どのような仕組み(助成)になっているのかはわからないが、「働けない子ども」というくくりで考えると、重い病気で苦しんでいるお子さんをお持ちのご家庭も、サバイバルプランを立てる必要があるケースも多いと思われた。

体力面の問題で、フルタイムでの勤務が難しい方も少なくないわけだから、潤沢ではない生活費から、難病の治療費をねん出する困難さを、少しでも軽減できる方法も検討していけたら・・・と感じる機会となった。

さて、ここからは2つほど、お知らせを。

まずは11月15日に、墨田区の親ゼミで「ひきこもり家族のライフプラン」セミナーの講師を務めることになっています。

HP上に募集要項が掲載される前なので、詳細はお知らせできませんが、しばらくしたらHPに詳細がアぷされるはずなので、よろしければご参加ください。

参加資格は、就職活動中、またはこれから就職活動を始めようとしている39歳以下のお子さんをお持ちのご家族と、そのご関係者。

この条件に該当すれば、墨田区在住や在勤でなくても、参加できるようです。

こちらの講座の受講料は無料です。

それと、もうひとつ。

昨年も実施した青少年健康センターの「ひきこもりのライフプラン講座」を今年もおこなうことになりました。

こちらの日程は、11月19日(水)と26日(水)の2回講座。
受講料は2回分で1万2000円の有料講座になります。

この講座もまだ、HP上に詳細が掲載されていませんが、青少年健康センターのHPを貼り付けます。
しばらくしたら、HP上に募集要項が掲載されると思います。

青少年健康センター

働けないお子さんを抱えて悩んでいらっしゃる方には、参加していただきたいと思っています。

他の方の質問を聞くことでも、参考になる話はたくさんあるはずです!

|

« サンキュ!家計簿、発売中です。 | トップページ | 岡山県総社市にて「ライフプランニングシンポジウム」に参加します! »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンキュ!家計簿、発売中です。 | トップページ | 岡山県総社市にて「ライフプランニングシンポジウム」に参加します! »