« 5月の住宅セミナーを、3本ほど。 | トップページ | 前触れもなく、風邪をひく »

新入学にかかる費用・番外編

4月は今まで、3本しか記事をアップしていないのに、今日に限って、4本もアップする私。

バランスの悪い、アップの仕方だと、自分でも思う。すみません。

さて、本編もアップしていないのに、いきなり番外編だが、今春息子二人は、大学生と高校生になった。

過去のブログを読んでくださった方には、しつこいくらい出てくる話だと思うが。

長男は4駅先、次男は2駅先の学校なので、2人とも通学定期代が安いのはありがたいと思っている。

安いものには、心から感謝している私。

だが、長男の入学式用のスーツ代約7万3000円(主人と息子で買いに行かせたら、なぜかこの値段のモノを買ってきた)、ノートパソコン代約18万円(なんで、小さいほうが高いんだ!?)、プリンター代1万5000円などなど、「いるだろうなあ」などとぼんやり考えていたものが、現実の出費として次々に登場している。

そして、大学生の本代の支出もイタイ。

毎日のように、本代のレシートを持ってくるので、(しぶしぶながら)必要経費だから仕方ないなあと思いつつ払っている。

次男については、制服代やカバン代など、シャツなどを多めに買っていることもあるだろうが、学校指定品の購入に、20万円くらいかかった。

まだ、秋に届くコート代も払っていないのに、なんでこんなにするんだ!?

あれやこれやで、入学時に学校に支払うお金以外に、すでに50万円を超える出費が発生している。

この後の大きな支出としては、運転免許代が控えている。

長男クン、いつ、免許を取りに行くんだ、早めに言ってくれ~。
心の準備が必要だからさあ。

我が家の場合、共働きだから、ヒーヒー言いながらも何とか払えているが、夫ひとりの収入だったらと考えると、背筋が寒くなるような支出である(主人の収入が少ないわけではなく、私のやりくり能力が低すぎることもあるが)。

こんなに払っているのに、韓国でなくしたメガネを新調してしまった。

しかも、お店の人に「イメチェンできますよ」とおだてられて、2本目も作ってしまった。

2本合わせて16万円を超えている。チャリーン!←お金を払った音(どうでもいいか)。

支出がかさんでくると、もともと悪い金銭感覚が、なんだかどうでもよくなるくらい悪くなって、家計簿を集計してみて、驚いた。

どこから出すのよ(いや、出したのよ)、いったいぜんたい。

皆さんは、こうした番外編の支出に対して、どのように対応しているのか、聞いてみたいくらいである。

でも、話を聞いたりしたら、反省することがより増えるんだろうなあ。

|

« 5月の住宅セミナーを、3本ほど。 | トップページ | 前触れもなく、風邪をひく »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

コメント

私もつい大盤振る舞いしてしまい、内心大丈夫かなと思っています。
ことの発端は第1子の就職。かなり地方に赴任して、仕事にも車がいると言われ、自分の古い軽自動車を譲り渡して、新しい軽自動車を買いました。軽自動車の自動車取得税が上がるのもひっかかっていたんですよね。軽自動車自体の価格も上がっているし。
それに新しい家電製品を買ってやったら、第2子からものすごいブーイング。第1子は浪人して院まで行って、どれだけ甘やかすんだって。第1子も「古い軽をもらうのは、自分は損じゃないの」とか文句たらたらで、すごくもめました。
すべては誰にも相談せず、自分ひとりの判断で買っちゃったことです。それに子供が反発して、軽自動車の価格を査定して(10万円)、冬のボーナスで払ってもらうということにして一応落ち着きました。でも自動車保険の問題がのこっているんだなー。(今は私の年払いの保険期間がのこっているので、子供ははらってません。この連休に見直しをする予定です)
それなのにデパートで5万円くらいお洋服をかっちゃったんですよね。初夏に2回旅行の予定があるからなんですが。
昔デパートで3万円くらいのコートを買おうか迷った末にやめたことがあるんですが、そんなコートにもうめぐり合うことがなかったのをいまも悔いているんです。
だから「いるものはいるんだ」と自分に言い聞かせています。貯蓄に手をつけても、いるときになって、自分に買える物がなかったというのは、すごく後悔すると思うので。満足できる買い物をしておけば、それについては、この先不満な買い物をすることはないんですよね。

だから「全部必要な買い物だった」と自分に言い聞かせています。

投稿: R | 2015年5月 1日 (金) 11時47分

Rさん、こんにちは(時間的には、おはよう、かも)。
コメントありがとうございます。
>だから「いるものはいるんだ」と
ううっ、そうですよね。その通りだ!
心強いお言葉です。
>満足できる買い物をしておけば、
>それについては、この先不満な買い物を
>することはないんですよね。
たしかに、本当に買いたいものを我慢して、その反動で、それほど必要のないものを手にする方がもったいないですね。
>だから「全部必要な買い物だった」と
>自分に言い聞かせています。
今度、主人に買い物について何か言われたら、Rさんの言葉をお借りします!

投稿: 畠中 雅子 | 2015年5月 2日 (土) 04時59分

Rさん、そのとおりでアール。
じたばたしたって、かかるものはかかる。
いるものはいる。(特に自分のものは)

投稿: M | 2015年5月13日 (水) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月の住宅セミナーを、3本ほど。 | トップページ | 前触れもなく、風邪をひく »