« BS-TBS「土曜ニュースまるわかり」に出演しました | トップページ | 最近のお仕事 »

2016年の家計簿は、4冊監修しています!

今年は10月15日に、家計簿が一斉に発売されました。

この10月15日というのは、日本で一番売れている某家計簿が発売される日で、同日に他社の家計簿も一斉に売り出される流れになっています。

そんな家計簿業界?ですが、今年は4冊ほど、監修させていただきました。

まずは、毎年監修しているサンキュ!の「HAPPY家計簿」と、「みるみる貯まる家計ノート」。

こちらは、それぞれにリピーターの方がたくさんいらっしゃるので、基本の付け方は変えずに、読者の声に考慮しながら、マイナーチェンジを繰り返しています。

そして、2016年版は「年金生活ゆうゆう家計簿」と「大人の家計ノート」の監修もさせていただきました。

どちらも、主婦の友社の家計簿です。

FBにも書きましたが、年金生活になって大切なのは、貯蓄が減るペースをチェックすること。

数千万円の貯蓄があっても、年間の赤字額が多いと、かなりのハイペースで貯蓄が減ってしまうからです。

こうした貯蓄の減り方を、簡単にチェックできるのが、私が考案した「貯金簿」。

私自身、30代からずっと、貯金簿を付け続けています。

住宅ローンを複数軒、返していた時期が長かったので、繰り上げ返済(や無駄遣い?)のせいで、思ったように貯蓄が増えないなあと感じることもしばしば。

貯蓄は足踏みしていても、貯金簿で住宅ローンの残高と照らし合わせてみると、ローンの残高はそれなりに減っていたり・・・・

私の場合、「保険で貯蓄をしている」部分も大きいので、貯蓄性のある保険(学資保険など)は、支払った保険料に払ってきた月数を掛けて、貯蓄額に含めています。

貯金や運用商品、貯蓄性のある保険などの合計額と、住宅ローン残高の合計額を書き出して、それぞれの変化をチェックしてきたことが、ライフプランを立てるときにもとても役立ちました。

仕事を辞めたら、貯金が減るペースを管理する役割を担うであろう、この貯金簿。

「ゆうゆう家計簿」と「大人の家計ノート」には、貯金簿のページを設けて、買ってくださった方が記入できるようにしています。

現役時代の方も、年金生活に入られている方も、ぜひ、貯金簿を付けて貯蓄の変化をチェックしてみて欲しいと思っています。

|

« BS-TBS「土曜ニュースまるわかり」に出演しました | トップページ | 最近のお仕事 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

以前より某100年続く老舗家計簿を買い続けて(つまり、きっちりつけられないで)十ウン年。貯まらない生活と転勤の続きの子育てで、その時ばったりの生活をしてしまい、娘大学、息子が恐怖の高校生。来年こそはと大人の家計簿、購入しました。3年後の大学受験に向けて。。。頭を整理、貯蓄も見直さないと、です。
貴著も手に取りつつ、神戸方面に(大阪でも)お越しになりませんか?先生のパワーを、いろいろ考える起爆剤にしたいと思います。これからもご活躍祈ってます。

投稿: みかんおかん | 2015年12月 8日 (火) 09時52分

みかんおかんさん、コメントありがとうございます。
今日アップした記事の通り、義母のお通夜やお葬式でバタバタしていまして、コメントのお返事が遅くなってしまいました。すみません。
〉来年こそはと大人の家計簿、購入しました。
まいどあり~、もとい、ありがとうございます。
我が家にも、勉強をしない恐怖の?大学生と高校生のコンビがいます。
お金はかかるのに、払ったことに対する、手応えはまったくなし。
勉強しているふりでもしてくれれば、私も少しくらいは学費を払っていることに納得できるんですけどね。。。

投稿: 畠中 雅子 | 2015年12月11日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BS-TBS「土曜ニュースまるわかり」に出演しました | トップページ | 最近のお仕事 »