« 高齢者施設の見学 | トップページ | 田辺市で「ひきこもり講演会」をおこないます »

『おれんじ食堂』と『たまて箱』に乗ってきました

先週のことになりますが、鹿児島県と熊本県を走る『おれんじ食堂』と、鹿児島県内を走る『たまて箱』に乗車してきました。

まずは、おれんじ食堂から。

おれんじ食堂は、ご存知の方も多いと思いますが、大人気のレストラントレイン。

車窓の景色を眺めながら、朝食、ランチ、ライトミール、ディナーなど、時間帯ごとに提供される食事を、車内で楽しめます。

私が乗ったのは、ライトミールとディナー。

鹿児島県の川内駅から、熊本県の新八代駅までの、3時間40分くらい、乗車してきました。

あいにく、大雨の日だったため、車窓からの景色は今ひとつでしたが、(クリスマスシーズンということもあって)サンタ帽をかぶった乗務員の方々が、乗車から降車まで、いろいろと楽しませてくれました。

途中、いくつかの駅で下車して、産直マルシェで買い物をしたり、車内ではピアノの生演奏などもあって、時間の過ぎるのがとても早い気がしました。

楽しい時間は、早く過ぎるんですね。きっと。

食事については、FBのほうに写真をアップしていますので、興味のある方は、ご覧いただけますと、幸いです。

ちなみに、新八代駅から鹿児島中央駅までは、九州新幹線さくらで戻ってきました。

時間にして、40分くらいでしょうか。
3時間以上かけた道のりでしたが、新幹線ではあっという間。

それと、さくらの普通車って、のぞみなどのグリーン車と同じような仕様。
左右2人掛けずつで、座席が広いだけでなく、シートもグリーン車みたいでした。

さくらはかなり空いていて、ちょっともったいない感じでしたが。

今回の旅行は・・・

電車好きの息子を、おれんじ食堂や九州新幹線に乗せてあげたくて、いろいろと調べて予約したわけですが、息子はどちらの電車でも、すやすやと就寝しており・・・・もったいないじゃあ、ないかい。

息子のことは残念でしたが、会社を1日休んで付いてきた娘は喜んでくれたので、まあ良かったかなあと。

電車よりも温泉・・・の主人とは、電車はすべて別行動でしたが、「鹿児島の温泉は、近場の温泉に比べて濃い」と、こちらもご満悦。

鹿児島の天文館で見つけた居酒屋がいたく気に入り、また「鹿児島に来たい」と言っておりました。

翌日のたまて箱は、鹿児島中央駅から指宿までの全線乗車。

こちらも、さくらと同じようにかなり空いていて、空き具合に再びビックリしたわけですが、天気が回復していたので車窓からの景色も楽しめました。

話は変わりますが・・・・

2年くらい前にTOHOKU EMOTIONに乗ったのですが、そのときにはランチなどの切符が取れずに、デザートビュッフェにしか乗れませんでした。

今回、おれんじ食堂に乗ってみて、やはり「食事を楽しみながら乗るのはいいなあ」と感じましたので、しばらくしたらTOHOKU EMOTIONに再チャレンジしてみようかなあと考えています。

ツアーを利用すれば、比較的、取りやすいはずなのですが、主人がツアーで行くのを嫌がるので、どうしても個人での予約になってしまいます。

巧く取れるといいのですが、予約が取りにくかったら、主人を置いて、娘と乗ればいいのかな。

|

« 高齢者施設の見学 | トップページ | 田辺市で「ひきこもり講演会」をおこないます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者施設の見学 | トップページ | 田辺市で「ひきこもり講演会」をおこないます »