« 「伊豆クレイル」&「えちごときメキリゾート」体験記(FBへ) | トップページ | 「生きづらさの中で、ひきこもる心を理解する講座」 »

ひきこもりシンポジウムは、無事に終了いたしました

10月16日におこなったひきこもりシンポジウムは、無事に終了することができました。

こちらも、FBのほうに記事をアップしていますので、そちらを貼り付けます。

斉藤環先生に会場の手配をしていただくなど、斉藤先生のお力なくして、成立しないシンポジウムでした。

斎藤先生、ありがとうございました!

当事者やそのご家族に来ていただきたかったので、告知は最低限しか行いませんでしたが、会場は満員に近くなりました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

FBのほうにも少しだけ書いたのですが、当事者の方から「地方議員に立候補したい」というご意見というか、ご質問というか、意思表明のようなものがありました。

FBのほうは、どのように拡散してしまうかわからないので、詳しくは書けませんでしたが、斉藤先生から「どんどん書いていいよ」というメッセージをいただきましたので、ブログでは少しだけ、ご紹介したいと思います。

「質問がある方?」という問いかけに、手を挙げられた方から、「僕は当事者ですが、斉藤先生が薦められている地方議員に立候補しようと思っています。どのような政策を掲げて、選挙活動をすればいいでしょうか」という言葉が発せられました。

私は斉藤先生が、地方議員になることを薦めているのは知らなかったので、その発言に驚きましたが、質問をした方は、倍率などをきちんと調べられていて、「おそらく当選すると思う」と言っていました。

政策や選挙活動の方法について、アドバイスをされたあと、「『元ひきこもり』というのは、キャラが立つから、当選するよ、頑張って!」というようなことを斉藤先生がおっしゃっていましたが、地方議員になるという選択肢もあるんだなあと、ビックリしました。

実際に立候補される予定があるようなので、どこかでニュースを耳にしたら、そのときの質問者かもしれないと思い、チェックしてみようと思っています。

|

« 「伊豆クレイル」&「えちごときメキリゾート」体験記(FBへ) | トップページ | 「生きづらさの中で、ひきこもる心を理解する講座」 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。久しぶりに見に来て目に留まりました。

昨年だか、千葉市議会議員選挙に出て話題になった元引きこもりの方がいたのですよ。
https://news.careerconnection.jp/?p=10166
この方、ツイッターもしていて、最初はイロモノ候補として見ていましたが、最後は応援したい気持ちになりました。落選後は高齢者施設で働いていらっしゃるようです。
https://twitter.com/uenoryutaro

私の周りでも東大出たり、かなり優秀な方でも引きこもりになっていたりするので、戦い方次第でいくらでも地方議員くらいにはなれると思います。
引きこもりの経験は決して無駄にはならないと思います。頑張ってほしいですね。

(以前もコメントしたことあるのですが、久しぶりなので、ハンドルネーム忘れてしまいました。)

投稿: Roly | 2016年10月31日 (月) 13時25分

先ほどコメントしたものです。
ちょっと気になって探したら、ハンドルネールは昔使っていたものと合っていたようです。良かったw

元引きこもりの方の出馬の顛末、togetterにまとまっていたので、貼っておきます。
http://togetter.com/li/807928

当時どうなるか気になって経過を見ていたことを思い出しました。
久しぶりに最近の彼のtwitterも見てきましたが、いろいろ思うこともあるようで、またいつか機会があれば出馬してもいいように思いました。
「元引きこもり」だけで当選するほど甘くはないと思いますが、周りを引き付けるものがあればチャンスはあると思います。
その質問された方も、チャレンジできるといいですね。

投稿: Roly | 2016年10月31日 (月) 17時22分

Rolyさん、コメントありがとうございます。
教えていただいた方かどうかは、私のほうからはお伝えできないのですが、ご本人の姿勢からは「本気度」が伝わってきましたので、いつかは夢を実現されるのではないかと感じました。
地方議員への立候補という多様性?を受け入れてくれる世の中になることを願うばかりです。

投稿: 畠中 雅子 | 2016年10月31日 (月) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「伊豆クレイル」&「えちごときメキリゾート」体験記(FBへ) | トップページ | 「生きづらさの中で、ひきこもる心を理解する講座」 »