« 産経新聞「節約家計簿」の連載が始まっています! | トップページ | 今さらですが、ふるさと納税にはまりました »

ソウルへの熟女?旅行、再び

高校生の息子がイギリスへの修学旅行に行くタイミングで、私はソウルに行きました。

息子のお弁当作りをしなくてよいいので、その期間に便乗する感じで、ソウルに行ってしまいました。

昨年、台湾に行ったメンバーと一緒に渡韓し、2日目の夕食は、ソウル通のジャーナリストの人と合流して食べました。

彼女は仕事の都合で、1日遅れで、渡韓。

2日目の夕食だけ、一緒に取ることができました。

飛行機とホテルは一緒ですが、それ以外は原則として、各自自由行動。

2日目に私は、板門店や第3トンネルに行ったり3日目は全員で紅葉狩りを楽しんだりと、久しぶりに楽しい時間となりました。

写真は、FBで見ていただければと思います。

ちなみに第3トンネルは、北朝鮮が韓国侵略を目的に掘ったトンネルのうち、観光客がトロッコのような乗り物に乗って、入ることができるトンネル。

第1から第4トンネルまでは、全容がわかっているようですが、それ以外にもかなりたくさんのトンネルが掘られているようで、実際に何本のトンネルがあるのかは、わからないそうです。

板門店には、韓国側だけでなく、北朝鮮側の観光客もかなり訪れるそうで、北朝鮮側の観光客というのは、北朝鮮にツアーで来て、板門店に行くパターンらしいです。

ヨーロッパのどこかの国(忘れてしまいました)には、北朝鮮専門ツアーを扱う旅行会社もあるそうで、意外なくらい多い人数のヨーロッパ人が、北朝鮮観光をしているとのことでした。

地雷がかなり埋められているそうで、歩いてはいけないエリアがたくさんあって、ちょっと緊張しましたね。

ちなみにソウルは、大規模のデモで大混乱。

朴大統領が今回のようなことを起こすに至った?歴史を、韓国のガイドさんに聞いて、日本で聞いているだけではわからない、韓国の人の感情を少し理解できたような気がしました。

「第五共和国」という、朴大統領のお父さんが暗殺されるドラマを見た経験があったので、いろいろなことがつながって、感慨深かったです。

ところで、

息子も無事?に修学旅行から帰ってきまして、ルーティンの毎日が戻るはずでしたが、ソウル旅行が楽しかったので、なかなか仕事がはかどりません。。。。

|

« 産経新聞「節約家計簿」の連載が始まっています! | トップページ | 今さらですが、ふるさと納税にはまりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産経新聞「節約家計簿」の連載が始まっています! | トップページ | 今さらですが、ふるさと納税にはまりました »