参加してみませんか?

ニチイホーム王子の見学会に参加してみませんか?

突然の告知になりますが、11月にオープンする予定の「ニチイホーム王子」の見学会をおこないたいと思います。

以前、埼玉県内のニチイホームとアイリスガーデンを見学しましたが、その時の縁で、新規オープンの施設見学について、お声をかけてもらいました。

ニチイホーム王子

見学会の日程は、11月20日(火)。
時間は、お昼前後のスタートになります(待ち合わせ時間などの詳細は、参加者に直接お伝えします)。

参加費は、おひとり500円を予定しています。
お昼はニチイホームで用意していただきますので、ホームの入居者と同等の食事を召し上がっていただきます。

参加人数は10名程度を予定しています。
参加してみたいという方は、11月10日頃までに下記のメルアドまで、ご連絡ください。

VZA00315@nifty.ne.jp

11月10日を一応の締め切りといたしますが、その前に10名程度の参加者が集まった場合は、締め切ってしまうこともありますので、その場合はご容赦ください。

ふだんは、ファイナンシャルプランナーの仕事仲間を見学をおこなっていますが、今回はファイナンシャルプランナーとは関係ない方のご参加も歓迎します。

高齢者施設の見学をしてみたいけれど、一人で行くのは気がひけるという方でも、ぜひ、お気軽にご参加ください。
初めてお会いする方からのメールもお待ちしております!

| | コメント (0)

FPの皆様へ―予定利率改定の勉強会に参加しませんか?

本日は、FP向けの勉強会情報です。

10月16日にネクスティア生命さんで、「予定利率(標準利率)の改定とその影響」というタイトルの勉強会をおこないます。

時間は午後2時30分からで、場所は白金高輪です。
参加費は無料。

実はこのテーマの勉強会は、すでに3回もおこなわれていて、今回は4回目になります。

過去の勉強会に申し込んだのですが、忙しくて参加できず、再設定をしていただきました。

もう少しだけですが、席がありますので、ご興味のある方は、畠中までメールをいただければ、場所の詳細をご連絡いたします。

VZA00315@nifty.ne.jp

生命保険について勉強したいFPの方は、お気軽にご参加ください。
ご連絡をお待ちしております!

| | コメント (0)

少額短期保険協会の勉強会に参加してみませんか?

少額短期保険について、皆様はどのくらいご存知でしょうか。

「少額」(医療保険なら年間80万円まで)で「短期」(生命保険は1年)の保険しか取り扱えませんが、とにかくかゆいところに手が届くような、さまざまな保障が用意されています。

たとえば、余命宣告を受けていても加入できる死亡保険、不妊治療中の女性が加入できる医療保険、要介護認定を受けていても、100歳まで加入できる介護保険、糖尿病の人専用の医療保険などなど、特徴を書き出したらキリがありません。

損害保険分野についても、単独で加入できる地震保険や、結婚式やお葬式の参列者の24時間を補償する100円保険、コンサートに行けなくなった場合に一定額を補償してくれる保険、賃貸者が亡くなった場合の片づけ費用が出る保険など、特徴のある保険がたくさん扱われています。

そんな少額短期保険について、まずはたくさんのFPに知ってもらいたいと思い、勉強会をおこなう予定にしています。

日時は5月30日(水)、午後3時頃から

場所は八丁堀の近くの会議室を予定

今回の勉強会は、第2回目に当たります。
前回の勉強会は少人数でおこなったのですが、内容がとても面白かったので、少人数だけで聞くのはもったいない!と思い、ブログでも参加希望者を募集しようと思います。

第1回目の勉強会では、6社の少額短期保険会社が商品説明をしてくれましたが、第2回目の勉強会でも5~6社が商品説明をしてくれる予定になっています。

参加締め切りは、5月7日まで。
参加費用などは無料ですので、参加したいという方は、畠中まで直接メールをください。

たくさんのFPの方のご参加をお待ちしております。

VZA00315@nifty.ne.jp

| | コメント (0)

FP向け「ひきこもり家族のサバイバルプラン」講座

今日はファイナンシャルプランナー(FP)向けの告知を。

6月8日(金)の夜、SG池袋で講師を務めさせていただくことになった。

テーマは
「高齢化するひきこもり家族のサバイバルプラン」

今まで、支援者向けの講座でお話ししてきた内容を、FP向けにアレンジして、お話ししようと思っている。

6月6日には岩波書店から、『ひきこもりのライフプランー「親亡き後」をどうするか』という本を、精神科医の斉藤環先生との共著で上梓する予定。

近代セールス社からも同じ頃に、『高齢化するひきこもり家族のサバイバルライフプラン』という本を出す予定になっている。

同じテーマの本を、同じ時期に2冊出すことになるので、しばらくはひきこもりのお子さんをお持ちのご家庭向けのアドバイスに力を入れていきたいと思っているが、それとともに、アドバイスができるFPの協力者を増やしたいとも考えている。

ひきこもりのお子さんだけでなく、ニートやフリーターなど、定収入を持たないお子さんが居るご家庭に向けて、お子さんが一生食べていく方法を模索するためのプランの提案に興味のある方は、ぜひ、畠中までご連絡ください。

ちなみに参加費用は、500円だそうです。

たくさんのFPのご参加をお待ちしております。

VZA00315@nifty.ne.jp

| | コメント (0)

「いきいき世代」の情報交換会に参加してみませんか?

「いきいき世代」という名前の少額短期保険会社があります。
医療保険「新いきいき世代」と死亡保険「あんしん世代」という保険を販売している会社です。

この会社と情報交換会(勉強会のようなもの)をおこなうことになり、参加してみたい方をブログでも募集してみようと思います。

日時・・・5月23日(水)

時間・・・お昼ごろから午後2時くらいまで(食事もあり)

参加資格・・・FPが中心になりますが、商品に興味があれば、一般の方でもOKです。
        もちろん、商品の勧誘などはありません。

当日は、コールセンターなどを見学させていただいた後、商品の説明などをおこなってくださる予定。
お昼も出してくださるそうです。

いきいき世代の保険に興味のある方、コールセンターを見学してみたい方は、畠中までメールでご連絡ください。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

VZA00315@nifty.ne.jp

| | コメント (0)

生命保険信託に興味のある、FPの方へ

最近、ブログの記事より、告知が増えてきた気がしますが、本日は、FP向けの生命保険信託勉強会のお知らせをしたいと思います。

9月30日にプルデンシャル生命にて、生命保険信託の勉強会をおこないます。
時間は、午後2時から3時30分くらいまで。

生命保険信託の勉強会は、今回で2回目になるのですが、前回はメールでちょっとお誘いしたら、すぐに30名を超えるFPから申し込みの連絡があり、会場(会議室のキャパ)の都合でお断りする方が出てしまうほどでした。

前回に比べると、今回は参加人数が少なめなので、興味のある方がいらっしゃれば、ご参加いただこうと思い、ブログで告知させていただきます。

参加希望の方は、畠中までメールでご連絡ください。
ちなみに、参加費は必要ありません(無料ということです)。

VZA00315@nifty.ne.jp

今回は、実際の契約ケースについて、個人情報に触れない程度に、ご紹介いただける予定になっています。
生命保険信託が現場でどのように活用されているかを知りたい方は、ぜひ、ご参加ください。

| | コメント (0)

蓮田オークプラザ駅前温泉館の見学会に、参加してみませんか?

以前、シニアライフ情報センターの見学会に参加して、私自身はすでに見学を終えている「蓮田オークプラザ駅前温泉館」ですが、その後、何度か連絡を取り合う機会があり、見学会をしたら、引き受けてくださいますか?」とうかがったところ、「喜んで。いつでも、どうぞ」と快諾していただきました。

今回は、かなりの参加人数まで引き受けることができますので、ブログでも告知をしたいと思います。

日時・・・10月19日(水)

時間・・・まだ未定ですが、JR蓮田駅改札に11時前後の待ち合わせになると思います。

参加費用・・・おひとり1000円(昼食代含む)

参加申し込み・・・畠中のメルアド(VZA00315@nifty.ne.jp)まで、メールをお願いします。
           申し込みの際は、当日、連絡がつくようにするため、
           携帯電話の番号も必ずお書きください。

待ち合わせ時間などは、直接ご本人宛に、メールでご連絡いたします。
参加費は当日、集金させてください。

一般の方だけではなく、高齢者施設の見学がしてみたかったというファイナンシャルプランナーの参加も、歓迎!します。

蓮田オークプラザ駅前温泉館は、病院長が経営している有料老人ホームなので、医療措置に関して、かなり対応ができます。

高齢者施設の中には、入居中に病院で胃ろうや腸ろうの措置をおこなうと、元いた施設に戻れないケースもありますが、蓮田オークプラザ駅前温泉館では、「どのようなケースでも、とりあえずご相談ください」とのこと。
今まで、医療系の対応が難しくて、入居をためらっていた方などには、ぜひ、見学していただきたい施設です。

参加申し込みは9月30日までとさせていただきます。
(9月30日をすぎてブログを読まれた方は、とりあえずメールでご相談ください)

たくさんの方の、ご参加をお待ちしております。

          
           

| | コメント (0)

「高齢期のお金を考える会」第3回生活設計セミナーは、9月7日です!

9月7日に、「高齢期のお金を考える会」が主催する生活設計セミナーの第3回をおこないます。

「生活設計セミナーPART3」(高齢期のお金を考える会)

今回のセミナーの場所も、第1回目、第2回目と同じ、文京シビックセンターになります。
会場内での現金のやりとりができないため、事前に受講料を振り込んでもらうことになり、お手数をおかけしますが、お時間のある方は、お気軽にご参加ください。

私は今回、「高齢期の不動産をどうするか」について、お話しさせていただこうと思っています。

ほかにも、複数の方から後見人を引き受けている音川が、後見人をしていて感じるお金のことをお話ししたり、高齢者施設の見学を積極的におこなっている藤村が、見学を通じて感じることをご紹介します。

秋には、会が主催する高齢者施設の見学会も行う予定。
その概要も、当日、告知する予定です。

なお、
高齢期のお金に関心があれば、FPの人の参加も歓迎します。

それでは、9月7日に会場で、お目にかかれるのを楽しみにしています。

| | コメント (0)

6月9日に千葉にある高齢者施設の見学会をおこないます!

仕事でも、プライベートでも興味を持っているため、10年くらい前から高齢者施設の見学を続けていますが、今回初めてブログにて、高齢者施設見学のお誘いをしてみたいと思っています。

場所は千葉県。
千葉みなと駅から徒歩圏にある「プラテシア 千葉みなと」と、「グットタイムリビング 千葉みなと」の2施設を、6月9日に見学する予定にしています。

前者は自立型の施設で、後者は介護が必要な方向けの施設です。
とはいえ、2つの施設は同じ建物内にあり、どちらもオリックスリビングが運営しています。

高齢者施設への住み替えというと、介護が必要になったときをイメージする方が多いと思いますが、介護には対応できても、病気(医療面)には対応できず、退所を促されるケースが結構あります。

そのような中、オリックスリビングが運営する施設では、他の施設では退所を促されてしまうような医療措置についても、対応する方向でがんばっています。
オリックスリビングでは、医療連携にかなり力をいれているので、「高齢者施設と医療」というテーマでは、参考になるのではないかと考えています。

「高齢者施設の見学をしてみたいけれど、1人では行きにくい」とか、「興味は持っているけれど、どんな質問をしたらいいのか、わからなくて不安」などと思っている方は、ぜひ私たち(高齢期のお金を考える会のメンバーが中心となる見学会です)と一緒に、見学をしてみませんか?

おひとりでの参加を希望される方には、メンバーが話し相手(ペア)になりますので、ご心配??なく。

集合時間などは、まだ未定ですので、詳細は参加される方にお知らせしたいと思います。
参加費用は特に徴収しませんが、お昼を食べることになれば、昼食代を直接施設側にお支払いいただくことになります。

ご参加いただけるのは、4~5名を予定しています。
ご興味のある方は、下記までメールでお問い合わせください。

なお、参加希望者の人数が4~5名よりも多くなった場合は、高齢期のお金を考える会の生活設計セミナーに参加いただいた方、あるいは次回、5月のセミナーに参加してくださる方を優先させていただきますので、その旨、ご了承ください。
(ご連絡いただいたのに参加できなかった方には、次回以降の見学会のお知らせを個別に させていただきますので、お気軽にメールをお送りくださいませ)

VZA00315@nifty.ne.jp

| | コメント (0)

FPのための文章講座、あとお一人参加できます(畠中雅子)

少し前のブログで、「FPのための文章講座」をおこなう旨、書かせていただきました。

「畠中程度のFPに、文章の書き方なんぞ教えてもらいたくない」のか、あまり希望者はなく、まだお一人参加できます。

詳しいことは9月27日の記事を読んでください。

でも、FP講座でときどき文章講座の講師をさせていただくときは、かなり受講の申し込みがあるのですが、タダのときに、申し込みが少ないとは・・・

ここから先も、ちょっとグチを。

先日、大阪でおこなわれたFPフェアで、初めて講師を引き受けたのですが、そのときには420名もの申し込みがあって、私自身がビックリ!

特にタイムリーともいえない住宅ローンの講座にもかかわらず、何とメインホールで講義をしました。

ところが、会場が大きすぎるためにホワイトボードを使えず、説明が難しいのなんの。

しかもメインホールは2000名以上の収容能力があるので、受講者が400名以上もいるとは思えない、ガラガラの印象が。

収容能力やテーマ、あるいは講師の能力に合った「適度な申し込み人数」を得るのは難しいなあと感じましたが、文章講座はもしかしたら1回で、お終いかも?!

畠中 雅子

| | コメント (0)

より以前の記事一覧